銀行借入個人向けローン

銀行借入個人向け TOP

 

キャッシングにカードローン、クレジットなど、金銭の借入や後払いなど、世の中に多くの商品が出回り、高額な出費も多くなった現代では、それだけ金銭の借入の幅も広がりました。キャッシングやローンなどの借入は、消費者金融で見ても非常に増えており、古くから融資というかたちで金銭の貸し出しをおこなっていた銀行でも、近年ではこのような一般個人向けの貸し出しを多くおこなっています。銀行系の金融で金銭を借り入れる事は、銀行特有の絶大な信頼性から安心して高額の借入をおこなえますし、古くから人々の金銭を預かる役割を担ってきた銀行では、その信用性が一番のリスクになるため、悪徳金融のような法律から大きく外れた営業をおこなっている事はまずありません。なにより、銀行系はその知名度が非常に高いため、誰でも知っているような銀行から借入をおこなう場合はこのようなヤミ金融の心配をする必要なく借入が出来ますし、近年では厳しくなった総量規制の対象外ということもあり、非常に長く付き合っていける金融機関であると言えます。
銀行系借入の持ち味は、その信頼性の他にも様々なものがあり、借入限度額の高さや金利の低さなど、多くの消費者金融と比べても非常にメリットがあります。総量規制の影響を受けず、これらの好条件がある分、審査基準に関しては若干厳しめなものの、最近では多くの金融機関がサービスや審査基準に関してもさほど違いが無くなってきており、銀行系にありがちだった利便性の悪さも、インターネットの普及やネット系銀行の登場によって大きく変わってきました。
今回は、銀行系の多くでおこなっている借入の中でも、個人向けの借入をする場合について考えていきたいと思います。銀行系の持ち味や借入前の下調べ、比較などを交えて、金銭の借入全般について掘り下げていこうと思います。
また、借り入れた後には必ず返済が待っています。計画性のある借入をおこなう事や、借入後のお悩みや債務に困った場合の対処方法についても考えていきましょう。

 

銀行借入個人向け 30項目

銀行系借入の基礎知識
  • 銀行のおもな役割
  • 信頼性が一番
  • 銀行系借入のメリット
  • 総量規制の対象外
  • ネット系銀行の出現で更に利便性がアップ

 

借入の種類
  • キャッシング
  • カードローン
  • ネットローン
  • 消費者金融と銀行の違い
  • カードローンとクレジットの違い
  • フリーローン
  • 有担保ローン

 

銀行系で個人向け借入をしよう
  • WEBで下調べをしよう
  • 銀行系借入の金利比較をする
  • 比較サイトを利用する
  • 口コミサイトを確認する
  • 返済に無理がないかを検討する
  • WEBで借入審査をする
  • WEBで申し込みをする
  • 電話や窓口で申し込みをする
  • 他にも借入がある場合の注意点

 

借入まめ知識
  • リボ払いとは
  • リボ払いのデメリット
  • 総量規制とは
  • 多重債務にはおまとめローンを利用しよう
  • おまとめローンのメリット

 

債務に困ったら
  • 債務の相談は弁護士へ
  • 債務整理をする
  • 最終手段の自己破産
  • 計画性のある借入をしましょう

銀行からお金を借りる

銀行からお金を借りる TOP

 

ご自身の貯蓄がたくさんあれば、なんでもできます。しかし、お金が足らなくなった場合には、銀行からお金を借りる必要があります。個人でいうならば、住宅ローンやマイカーローン、そして教育ローンなどです。住宅ローンは数千万円の借入れになりますし、教育ローンも数百万円の借入れになります。

 

そして、中小企業の代表者や個人事業主の方は創業するだけでも、かなりのお金が必要になります。借入先は政府系の金融機関である日本政策金融公庫や都市銀行、地方銀行や信用金庫などがあります。

 

ご自身もしくはご自身の会社の都合により金融機関を選択する必要があると思います。会社員の方は、住宅・マイカー・教育ローンなどで済むのですが、個人経営者の場合には、事業資金として創業資金を得なければなりません。

 

しかし、銀行はしっかり返済ができる根拠がなければ、融資をしてくれることはありません。特に都市銀行などは、大手の会社に融資をすることばかり考えていて、金利での利息を得るような営業活動しかしていません。

 

ですから、中小企業などの場合には、地域に密着した地方銀行や信用金庫などから、融資を受けることが良いと思います。ただし、いきなり個人向けの融資をしてくれるわけではなく、保証人を必要とします。

 

そのような際にありがたい存在として、信用保証協会があるのです。信用保証協会は、万が一返済が困難になった場合には、代位弁済をしてくれるのです。当然代位弁済ですから、信用保証協会に返済をする義務はあるのですが、銀行から融資を受ける際に保証人になってくれるだけでも、とてもありがたい存在です。

 

また、中小企業は、少しの経済環境変化によって、大きなダメージを受けます。ですから、国や地方自治体、信用金庫などから緊急の場合の融資を受けられる制度もあります。お金を借りる際には、しっかりと将来の事業計画を立てることも重要なことです。しっかりした売上アップや収益の改善がなければ金融機関が融資してくれません。以下に、銀行からお金を借りるという観点でさまざまな説明をします。お役にたてれば幸いです。

 

銀行からお金を借りる 個人向けローンから事業資金融資まで 30項目

 

銀行からお金を借りる使途用途(使い先)
  • 個人で借りる
  • 事業資金
  • 銀行借入れのポイント

 

どの銀行から借入れができるか?
  • 政府系金融機関
  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • インターネットバンキング

 

個人が銀行からお金を借りる目的
  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • カードローン
  • キャッシング
  • ローンシミュレーション
  • おまとめローン

 

会社法人が銀行からお金を借りる
  • 創業資金
  • 企業再生融資
  • 緊急融資
  • 運転資金
  • 設備資金
  • 事業計画書
  • 信用保証協会

 

銀行からお金を借りる際のポイント
  • 金融機関のチェックポイント
  • 融資を受けるコツ
  • 保証人と担保
  • 資金使途の明確化
  • 審査

 

銀行からお金を借りる際の注意点
  • 借り入れ限度額
  • 銀行系との違い
  • 返済遅延の際

銀行・金融機関のローン金利順で案内するサイト。自動車ローン、住宅ローン、ビジネスローン、フリーローンなど

 

■一番お得な条件でローン金利ランキング
http://www.loan-w.com/

 

■土地を買うなら土地購入ローンWEB
http://land.loan-w.com/

 

■家を建てるなら新築住宅ローンWEB
http://housing.loan-w.com/

 

■住宅ローン借り換えローンWEB
http://debtchanging.loan-w.com/

 

http://reform.loan-w.com リフォームローン
http://education.loan-w.com/ 教育ローン

 

http://loan-w.com/l02_02

当サイトは「銀行融資個人向け借り入れ」で検索