銀行

ネットローン

更新日:

インターネットで申込まで完結

ネットローンのメリットは、全てのことがインターネット上で行えるところです。申し込み方法もいろいろで、例えば外出先で急な出費が必要になったときはインターネット環境があればそこから、ない場合でもスマートホンから簡単に申し込めるのです。これは助かります。そして銀行の営業時間内であれば最短即日であなたの持っている指定の口座に融資金が振り込まれるシステムとなっています。海外出張が急に決まって費用を工面しなくてはならないときなど非常に助かるローンといえましょう。メールアドレスさえきちんと記入しておけば、携帯電話やスマートホンのアドレスにでも審査結果は送られてきます。あなたは結果を待てばいいのです。最短で30分審査という会社もありますが、多くのところは1時間ほど時間を頂いているようです。大口の場合はさらに時間がかかる可能性もあります。ネットローンも便利ですが、ある程度の時間はかかるということをよく確認しておいたほうがいいでしょう。申し込んでみて審査に時間がかかり出張に間に合わなかったでは話になりませんから。もし融資が出来ないときはその旨がメールで知らされます。このように、ネットローンはある種カードローンよりも手軽なのかもしれませんね。

急を要する場合でない限りはネットローンをうまく使って融資を受けるのもひとつの手段だと思います。きっとあなたの力になってくれますよ。自分は大丈夫だろうか、と考える前に申し込んでみましょう。

基本は銀行系が多い

カードローンもそうですが、このネットローンも銀行が商品として扱っている場合が多いです。特にインターネット特化型の実店舗を持たない銀行などがこのネットローン事業を展開している場合が多いのです。融資枠1000万円と謳っている銀行もあるくらいですから。

ただし、その銀行の口座開設を求めてくるケースもあります。それはある意味カードローンと似ていますが、返済のために必要な口座なのだと考えてください。多くのネットローンは口座開設の必要はありません。銀行が提携する保証会社の保証さえ得られればあなたは融資を受けることができます。

保証会社は各ネットローンによってまちまちですが、大手信販会社が保証機関として採用されているようです。大手プラス銀行がバックについているこのネットローン、利用しない手はないですよね。もちろん審査は必須ですが、それに通れば融資を受けることができますので申込をして様子をみてみましょう。ネット銀行とは

カードローンとの違いは、ローンカードが発行されない点くらいでしょう。キャッシュカードがローンカードの代わりとなるのです。返済もスライド式リボルビング払いを採用しているところがほとんどです。銀行がバックについているからといって、延滞や借り倒れの内容にだけは注意してみてくださいね。それではなぜ借りたのか意味がなくなってしまいますから。借りるときは返済とのバランスを良く見極めてください。そして申し込むようにしてください。

申込から利用まで

では実際にネットローンを申込んでみましょう。まずはすでに決めてあったネットローン会社のホームページに行きます。そこでネットローンを選択し、申込ボタンを押します。すると申し込み画面に遷移しますので必要事項を入力していきます。氏名、住所、連絡先、メールアドレスなどを入力するのです。次に勤務先情報などを入力していきます。最後に指定口座を書いて送信すれば終わりです。ローン会社では、あなたが入力したデータを基に審査に入ります。信用情報機関へ照会をかけたり在籍確認をしたりするのです。約1時間ほどで審査結果が連絡されます。電子メールでの回答が今は一番多いようです。審査に問題がなければネットローン融資決定となるわけです。そしてあなたの指定した口座にローン会社から融資金が振り込まれます。あなたはそれを引き出して使うだけです。銀行の振込み時間を過ぎてしまった場合は翌日には振り込まれていることでしょう。こうして利用までの流れを見ましたが、一定の収入がある方で、銀行や保証会社の保証が得られる方は借りることができるわけです。もちろんアルバイトやパートでもいいのです。ただし、返済とのバランスはよく考えたほうがいいでしょう。返せない額を融資してもらっても何の意味もありませんので。自分の収入を良く見極め、プラスアルファで返せる額を決めてから融資を受けるのが得策といえます。何事も最初の見極めが肝心ですよ。決して無理のないように。

高額融資

ネットローンの最大の魅力は高額融資が受けられることにあります。ある銀行系ネットローンでは最高で1000万円まで融資をしてくれる会社もあるようですよ。急な冠婚葬祭などのときに助かりますね。費用だってバカになりませんから。そんな時なネットローンを利用しましょう。最短1時間、遅くとも即日には融資が受けられるのですから。こんなに便利で簡単な手段はないですね。いざというときの保険、それがネットローンなのです。高額の融資が受けられるかどうかは所得証明に基づいた審査で決まるのでしょうけど、それで融資枠限界まで引き出せたらうれしいですよね。特に高額融資が決まったときは助かった、という思いが強いでしょうね。このように、ネットローンはあなたの収入から限度額を決めているのです。それで申込時に所得証明の提示や年収などが聞かれるのですね。それに見合った額しか融資しないのは、相手側も貸し倒れにならないよう注意しているのでしょう。もし返済が滞りなく毎月続けば増枠の話も出てくるでしょうし、遅れがある場合や返済されないときは利用ストップなんてこともあり得るのです。そうならないためにも、きちんと考えて融資の申込をしましょう。ネットローンも限度額のほとんどが500万までです。高額融資は魅力ですよね。でもそれに比例して、返済額も大きくなることだけは頭に入れておくといいですよ。何事も何度も書きますがバランスです。無理の無いようきちんと考えて借り入れ申込してくださいね。

月々の返済は?

ネットローンは、スライド式リボルビング払いという方式をとっている会社がほとんどです。つまり、借りた分だけその返済額は一定ではあるが、借りた分だけその返済金額は多くなったり少なくなったりするのです。例えば800万円借りたとき、月々の返済額は8万円です。でもこれは最低ラインです。もっと多く返せるときは多めに返していくと後の返済も楽になるでしょう。逆に少ないときは元本に追いつかない場合だって出てくるのです。そうならないために最低返済額が決まっているのですが、なかなか大口を借りてしまうと返済も大変になってしまうかもしれません。ですので収支を良く見直して、借りすぎた月はそこでストップして、ある程度返済が済んだらまた借りる、そういうようにすればきっと返済に困ることはなくなるのではないでしょうか?何事も何度も書きますがバランスです。自分の収入に見合った金額を借り入れるようにしましょう。返済が遅れると、いくらネットローンの会社とはいえ督促が来ることだけは覚悟しておいてください。最初は通知だけかもしれませんが、あまりに遅いと会社に電話がかかってくるかもしれません。それだけは絶対に避けたいこと。借りすぎには注意しましょう。後々苦しむのは自分自身なんだということを忘れないでください。きちんと毎月返済していけば元本も減り、もしかしたら増枠の話だって来るかもしれませんから。まずは借り入れるときはきっちり返せる金額を算出してから借りるようにしましょう。

-銀行

Copyright© 個人向けローン他 お金の話 , 2018 All Rights Reserved.