カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

カードローン申込ブラックに注意/在籍確認・電話連絡で頭がいっぱいの方へ

投稿日:

申込ブラックってそんなに黒い?

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡のことを心配する前に、「申込ブラック」というものについて心配をしておかなければなりません。カードローン申込時の在籍確認・電話連絡は、煩わしいものですが、ほとんどのカードローン審査ではこの過程は不可欠ですから、在籍確認がないところはないかと、焦っていろいろと申込をしてしまいがちですが、そういう事は絶対にしてはいけません。申込に不利になるだけです。

それというのも、短期間にカードローンの申込を出しまうと、そのデータが各カードローン業者の加盟している信用情報機関に登録され、それぞれの業者が、その申込情報を紹介するために、 「この利用者はいちどにたくさんの業者に申し込んでいるのだな」ということが一目瞭然でわかってしまうことになります。わかるだけなら良いのですが、その同時申請の事実は、カードローンの審査においてネガティブな意味を持ってしまうことなります。

二社や三社ならまだ仕方の無い側面がありますが、それより多く同時申請を行ってしまうと、カードローン業者からすると、特に消費者金融業者や信販会社からすれば総量規制の枠内にその利用者が収まるかどうかが事前に把握しづらくなりますし、銀行や信用金庫などは総量規制の対象外であるとはいっても、与信の審査は行うわけですから、一挙に同時申請をしている利用者には過剰貸付の恐れがあるため、やはり敬遠してしまう事なるわけです。

ムダに申込ブラックにならないよーに

カードローン申込むときには、そのカードローン商品の商品説明のところに書いてある、申込条件のところに目を通しておかなければなりません。それというのも、申込条件のところには、年収条件、年齢、居住地、勤務地、その金融機関に普通預金口座持っているかどうか、といったことが書かれているからです。

うっかり、そのような条件を満たしてもいないのに、カードローン商品に申込をしてしまうと、その申込条件が信用情報機関に即座に登録されてしまいます。ですから、申込条件に引っかかってそのカードローン商品が落ちた後、次のカードローン商品に申し込もうという時に不利になってしまいます。

この申込条件を具体的に見て行きますと、カードローン商品のラインナップのうち、基本カードよりも格上カードとして位置づけられているようなカードローンでは、例えば年収500万円以上といった条件が設けられています。信用金庫や労働金庫では、年収150万円以上といった条件が設けられていることが多いです。

また同じく信用金庫や労働金庫では、その店舗の営業地域内に居住もしくは勤務していること、さらにその金融機関の出普通預金口座持っていることが条件となります。

この普通預金口座開設という条件は地方銀行などでも同じことです。カードローンを申し込んだ後に普通預金口座開設してもよいというところが多いです。カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を気にしる前にこのような体にも気を払いましょう。

とどこおりなく返済、していますか?

今までカードローンを利用したことがある方、そのカードローンの返済は滞りなく行っていたでしょうか。カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を心配する前に、自分の過去のカードローンの返済状況を思い返しましょう。

カードローンを発行する機関というのは、銀行、信用金庫、信販会社、消費者金融などなど様々ですが、そのいずれの機関での審査においても、信用情報機関での情報の問い合わせが必ずあります。

それだけではなく、銀行や信用金庫といった時間が発行しているカードローン商品は、民間の消費者金融や信販会社がその保証会社になっている場合が非常に多く、その場合にはその消費者金融業者や信販会社が保有している過去の取引履歴までが審査において紹介されることになります。

それらの取引履歴というのは、商法及び犯罪収益移転防止法などの規定によって長期間保存されることが求められています。

個人情報保護の観点からすると、できる限り早くそのような情報は発揮して欲しいものですが、それにもかかわらず長期保存が求められるのは、そのような金融機関と融資理解するとラブルがあった場合に、そのトラブルを立証するためにとりひき履歴の保存が不可欠であるためです。ものごとには一長一短があるものですね。

その様なわけで、過去のカードローン利用で返済の遅れがあった場合には、その事実はほぼ必ず追跡されると考えて間違いありません。各金融機関が加盟している信用情報機関は、シーアイシー、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターのいずれかでしょうが、この3つの期間は相互にネットワーク連携していますからやはり逃げ場がありません。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡より気になる収入状況

カードローンを申し込むときに気になるのは自分の収入状況ですよね。カードローン商品の申込上記のところにきっちりと年収が明示されている場合には、その条件を下回っていてもあきらめがつきますし、同時申請を無駄にしてしまうこともありません。

ところが、そのような条件を明示しておらず、一見すると門戸の広いカードローン商品の場合には、実はかえって同時申請のリスクが高いとも言えるのです。

しかもこの年収というのは、単に高ければいいという単純なものでもなく、自分の家族状況などとも関連して検討されることになります。つまり生計を共にする家族が多ければ多いほど、年収が一見して高くても、必ずしもそのカードローンの基準を満たしているとは限らなくなるわけです。

そうであるがゆえにカードローンの申請書には必ず配偶者の有無と世帯人数を記入する部分があります。ですから、世帯収入としては平均的な水準であったとしても世帯人数が多い場合には「なぜ審査に落ちたのだろう」といった状況に遭遇する可能性があります。

さらにはスコアリング上の問題から、例えば30代は20代40代と比べてスコアリング上不利になるといった憶測も飛び交っています。これはあくまでも憶測にすぎませんが、各業者は長年積み重ねたデータを基に統計を取り、どの年代のどの職業にどの程度のリスクがあるのかといったことを重み付けしていますから、思わぬ所で新車で落ちてしまうということもあります。

ただ、それは仕方のないことですから、そこで気分を荒げるような真似は絶対せず十分時間をおいて次のカードローン商品に臨むことにしましょう。

何年住んでいるか・何年働いているか

カードローン申込にあたっては申請書上ではとても地味なポジションにある居住年数や勤続年数がとても重要な位置づけを占めてきます。特に自営業者でカードローン商品に申し込む場合には、確定申告書類の提出を求められる場合があり、当然その場合には、すくなくとも1年以上程度の事業期間が自ずと求められることになります。

自営業者に求められる確定申告書というのは、単に収入を確認するためではなく、カードローン申込中の在籍確認・電話連絡が行いにくいというと側面から追加資料としてページが求められる場合が多いのです。

居住年数や勤続年数というのは、カードローン業者が各々備え持つスコアリング上で重要な位置にあります。勤続年数はとても分かりやすいですが、たとえ年収が高くても、例えば営業職であれば出来高制である場合も多く、その年は、年収が高かったとしても、次の年は成績が悪いという可能性もあるわけです。

そんな中で勤続年数が多ければ成績の上下を堪え忍んで、その会社の中に続けたということを示すことができますから自ずと信用が高まるわけですね。

それから居住年数は万一貸し倒れが生じたときに、その利用者が逃げてしまわないかどうかという点を図るためにも重要な指標です。夜逃げなんて自分には関係ないと考えているかもしれませんが業者の側にとっては、誰が夜逃げをするかどうかというのは、データの中からしか推測ができません。

居住ですが、長い人であれば、しかも持ち家に住んでいる人であれば、近所との付き合いもありますから。夜逃げなどという選択肢は非常に取りにくいという面があります。そのような部分をチェックしているわけです。

自分が何者か示す

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を気にする前に自分の本人確認書類、すなわち身分証明書の住所がきちんと変更されているかどうかをしっかり確認をしましょう。

消費者金融業者や、信販会社が提供するカードローン商品に申し込むにあたっては、貸金業法の規定によって両者は利用者の免許証番号を控えなければならないことになっています。もちろん免許証が発行されていない場合は、これは関係ないのですが、運転免許証の住所が変更されていないと免許証番号を提示するために免許証を差し出し、さらに現住所が記載されている別の書類を差し出す必要があります。

これはとても面倒ですね。その別の書類というのは健康保険証やパスポート、さらにそれらの住所すら変更されていない場合は、家に届く公共料金の請求書を提示することになります。この公共料金の請求書も引っ越してすぐのときには家に届きませんから、なかなか不便をすることになります。

それから自動契約機などを使ってカードローンを申込に行くときにも、本人確認書類は必ず持っていきましょう。金融機関が何らかの金融商品を販売するときには、犯罪収益移転防止法によって必ず免許証、保険証、パスポートなどの公的な書類によってその利用者の氏名、住所、生年月日を確認しなければならないことになっているからです。

そして、先にも述べたように、消費者金融業者と、信販会社の場合には免許証番号が必須ですから、もし免許証が交付されている場合には、面倒だからと言って保険証の提示で済ますのではなく、きちんと免許証を提示しましょう。

-カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

Copyright© 個人向けローン他 お金の話 , 2018 All Rights Reserved.