カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

状況別の対処法

投稿日:

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~オフィスいる編

申込書に記入した連絡先に常にいるような場合には、カードローン申込時の在籍確認・電話連絡が行われたとしても、電話を取り継いで貰えればそれで済む話ですからあまり身構える必要はありませんが、それでも外部から個人指名で電話を受けるという状況が不自然なポジションである場合には、いずれにせよ煩わしい思いをすることになるでしょう。

例えば自分がプログラマーで電話応対をするデスクと全く役割が違うような場合ですね。そのようなポジションにある場合には、先回りをして電話受付を主に行う担当者などにクレジットカードの在籍確認・電話連絡があるかもしれません、と言っておくことが1番スムーズです。もしその会社が個人情報保護の観点から社員の在籍情報を外側に出さないという方針を貫いている場合には、なおさらです。ローンカードであったとしてもクレジットカードであると言っておけば、お金を借りようとしているということが周囲に知られることがありません。

とは言え、実際のところは、その職場にいる誰もがクレジットカードおよびローンカードの利用においてお互い様であるという状況でしょう。ですから、やや不自然な個人指名の電話がかかってきたとしても、内心「在籍確認の電話連絡だな」と思われて、終了でしょう。通過儀礼のごとく、これは誰しもが通り抜ける道なのです。そのようなわけですからあまり神経質にならず、おとなしく在籍確認の電話を受け入れましょう。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~オフィスいない編

カードローン申込時の電話連絡・在籍確認においては、その勤務状況において、色々悩みが異なってくると思います。その一つ一つを具体的に見ていきたいと思います。ここではオフィス非常者のケースについて見てゆきます。正社員であったとしても、外回りの仕事がメインでオフィスにあまりないような場合にはカードローン申込時の在籍確認・電話連絡はおのずと自分が電話に出るということができません。

ですから「 〇〇という名前の人から電話があったよ」という事後報告を受けることになります。事後報告を受けるだけならまだしも、 「あの電話はいったい何の用件なの」と問い直される場合があります。なかなか煩わしい状況ですね。もちろん、この状況に抵抗がない場合には何も自分が出なくても在籍確認は終了しますから特に問題ありません

また、この状況が煩わしいと思う場合にはクレジットカード在籍確認ですと言ってしまえば良いわけです。あるいは、外回りであることを良いことに、完全に他人事であるように語ってしまうのもアリです。つまり、その電話が何なのか分からない。とシラを切ってしまうわけですね。何も自分のこととしてその電話を受け取る必要は無いわけです。こういう時は横着にいきましょう。何の罪にも成りません。

電話を受けた人は、その日のうちは違和感を持って不自然に思うでしょうが、些細なことですから、次の日には忘れてしまうでしょう。そう大事な事はカードローン申込時の電話連絡・在籍確認の如きは「ささいなこと」に過ぎないということなのです。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~個人事業主編

カードローン申込時の電話連絡・在籍確認においては、その勤務状況において、色々悩みが異なってくると思います。その一つ一つを具体的に見ていきたいと思います。

ここでは個人事業主のケースについて見てゆきます。個人事業主のカードローン申込白在籍確認・電話連絡が。もしかすると、いちばん話がややこしいものかもしれません。それというのも、会社の在籍確認であれば、まずその会社の存在が比較的つかみやすいですから、その会社に問い合わせをし、在籍確認に成功しさえすれば、その利用者の収入の実態を明らかにすることができます。

ところが、個人事業主の場合、とりわけ屋号もなく、看板も出していないような個人事業主の場合、その個人事業としての売り上げや所得の実態を把握しづらいことになります。無収入でありながら、個人事業主を装ってお金を借りるという手口を、業者は、下手をすれば容認してしまうことになります。

ですから、こういう場合、業者のほうは、まず本人の自宅もしくは携帯電話に電話連絡を行った上で。その利用者の確定申告書や事業の発注書や請求書、受領書の追加提出を求める場合があります。

それらの書類によって売り上げや所得の実態を把握するわけですね。もちろん屋号を持っていて、看板を掲げている場合はそば屋の追加書類の提出は求められないかもしれません。まして飲食店などのように地図帳にもしっかり明記されている場合には何の問題も無いでしょう。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~主婦編

カードローン申込時の電話連絡・在籍確認においては、その勤務状況において、色々悩みが異なってくると思います。その一つ一つを具体的に見ていきたいと思います。ここでは主婦(夫)のケースについて見てゆきます。

主婦の場合のカードローンの利用については、銀行カードローンの場合は配偶者貸付けという形で収入のない専業の場合であっても、配偶者収入からの返済をあてする形でカードローンが発行される場合があります。その場合には、上限30万円などと利用限度額が小口に抑えられている場合がほとんどです。

一方、消費者金融業者や、信販会社、また多くの銀行では専業の場合の主婦に対しては、法律上禁止はされていないものの、配偶者貸付は行っていない場合が多いです。主婦とはいっても、アルバイトやパートで一定の収入がある場合に限り、そのカードローン商品に申し込むことができるというわけです。

銀行カードローンにおける専業主婦への貸し付けに関しては、自宅の本人確認が行われるだけで済みます。配偶者の勤務先に電話連絡来事はありません。また、パートやアルバイトで収入がある主婦の場合には、自宅の在籍確認・電話連絡ではなく、そのパートやアルバイトの勤務先への電話連絡がメインとなります。

あくまで配偶者貸付ではなく、そのパートやアルバイトの収入から返済をするというのが原則ですから、その在籍状況を確認しなければならないというわけですね。もしできることであれば、職場の電話受付担当者に相席確認がある旨を伝えておくとスムーズでしょう。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~バイト編

カードローン申込時の電話連絡・在籍確認においては、その勤務状況において、色々悩みが異なってくると思います。その一つ一つを具体的に見ていきたいと思います。ここではアルバイトのケースについて見てゆきます。

アルバイトの場合は申込書に記入した連絡先に自分がいるのであれば良いのですが、大型の販売店などでレジ打ちや営業を専門にしていると、事務所の電話担当とは一切接触を持たないというような場合が往々にしてあります。

そのような状況で個人指名の電話が入ってきた場合には、ほぼ間違いなくクレームの電話だと感じがされるでしょう。事務所の社員への個人指名であれば、仕事の電話だということになりますが、アルバイトの個人指名は、ふつう、そのアルバイトが来店客に対して何か問題を働いたのだと解釈されてしまいます。

アルバイトのつらいところはそのような場合に事務方に対して、在籍確認がありますので、といったことを、なかなか言いづらいというところです。正社員ならば、職場の同僚ということで融通をきかせてくれますが、アルバイトの場合は会社の電話を私的に利用しているかのように捉えられることもないではありません(こんなとらえ方がなされるのは本来おかしいことなのですが) 。

とはいえカードローン申込時の電話連絡・在籍確認がなければ審査は先に進みませんから、クレームと勘違いされるのが少々煩わしくても、事務方へ電話が行くのをおとなしく待っていましょう。あの電話はなんだったのかと聞かれたらクレジットカードの在籍確認というのも良し、親類からの緊急連絡だと言っても良いでしょう。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~派遣編

カードローン申込時の電話連絡・在籍確認においては、その勤務状況において、色々悩みが異なってくると思います。その一つ一つを具体的に見ていきたいと思います。

ここでは派遣労働のケースについて見てゆきます。派遣の場合、カードローン申込時の電話連絡・在籍確認がどこにかかってくるかは当然、申込書に記載した連絡先に左右されるのですが、派遣元であっても、派遣先であっても、派遣労働の場合はその在籍確認がスムーズに行われないということが珍しくありません。

派遣元であれば、膨大な数の登録者の名簿管理している一方で、その名簿に載っているひとり1人の顔と名前は常連で仕事に入っているような人を除いて把握していません。そして、派遣先は、派遣先で自分のところの正社員の名前は把握していますけども。派遣でやってきたスタッフの名前は、すくなくとも初期の頃は把握していないでしょう。

派遣の場合の在籍確認をスムーズに行うためには、派遣元もしくは派遣先にその旨を正直に伝えておくことが大事です。派遣の場合の良いところは、派遣元である派遣先であれ、そこまで密接に関係を持つことがないので、カードローンを申し込んだ旨を知られたところでさして支障はないというところです。

もちろんポジションにもよると思いますが、カードローンで都合が悪ければクレジットカードの在籍確認と言っておけばよいでしょう。誰も何も追求してきませんから。ぜひ事前の申し伝をおこなっておきましょう。

-カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

Copyright© 個人向けローン他 お金の話 , 2018 All Rights Reserved.