カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

信販・消費者金融編

投稿日:

カードローン審査・信販編

カードローンといってもさまざまの種類がありますが、ここでは信販会社が発行するカードローンの審査について見ていきましょう。信販会社もまた消費者金融業者と同じく銀行や信用金庫労金のカードローンの保証業務を担う審査のプロフェッショナルです。

信販会社が提供するカードローン商品は一般に、消費者金融業者が提供するカードローン商品と同じ金利水準となっています。さすがクレジットカードを多く発行する業者だけにカードラインナップが豊富で、基本カードは、消費者金融業者と同じ金利設定であっても、プレミアム格のローンカードであれば、これよりももう少し低い金利での貸付を行っています。

信販会社の消費者金融業者と同じく、貸金業法の規制をもろに受ける業者です。ですから、年収の3分の1以上の貸し付けをすることはできませんし、また50万円以上もしくは他社合わせ100万円以上の貸し付けを希望する場合には、収入証明を提出しなければなりません。ちなみに、信販会社が提供するクレジットカードにも、キャッシング機能がついていますが。クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠と合わせて設定されることになります。

そしてこのショッピング枠は割賦販売法によって厳密な数値的規定は無いにせよ、利用者の年収からその生活に必要であろうと思われる金額を差し引いたものに0.9%かけた値までというのが原則となっています。この世に審査が少しだけ入り込むのでクレジットカードの発行にはローンカード専用の物よりはやや時間がかかります。

信販カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

いちばんの心配事であるカードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討しております。さてさてここでは、信販会社が発行するカードローン商品のケースについて検討してみたいと思います。

信販会社はクレジットカードであれ、ローン専用のローンカードであれ、その発行に当たっては、基本的に在籍確認・電話連絡を行っています。信販会社のひとつだけ美味しいところは在籍確認が職場のひとに知られたとしても、その信販会社の名前を言えばクレジットカードの在籍確認だと思ってくれるのであまり抵抗感がないというところです。クレジットカードなら誰でも持っていますし、その発行にあたってはだれでも在籍確認の可能性があるわけですから、あまりひるむ必要がないというわけですね。

もしローンカードの申込で在籍確認が行われたとしても、その信販会社の名前を言っておけば、相手は勝手にクレジットカードの在籍確認だと勘違いしてくれるわけです(こう書くと何だか悪どいことをしているようですが)。クレジットカード申込時の在籍確認・電話連絡に関しては「クレヒス」があれば省略されることが多いと言われています。クレヒスとはクレジットカード・ヒストリーのことですね。

過去のクレジットカードの利用状況に照らして、その在籍確認・電話連絡を省くというものです。特にランクの高いクレジットカードの発行を受けている業者であれば、その免除の可能性は高いかもしれません。クレジットカードであれローンカードであれ途上与信と言って、利用途中の審査があり、その発行が承認されているうちは、信用できる利用者として認められているということなのです。

カードローン審査・消費者金融編

カードローンといってもさまざまの種類がありますが、ここでは消費者金融業者が発行するカードローンの審査について見ていきましょう。

消費者金融業者といえば銀行や信用金庫などの保証業務も行う審査のプロです。カードローン審査の奥の院と言っても過言ではないでしょう。消費者金融業者の特徴は、個人に向けた小口の融資を行う代わりに、やや高めの金利を設定しているというところです。金利を高めに設定することで、元本がすくなかったとしても収益を得ることができますし、仮に貸し倒れが生じても、あらかじめそれなりのリターンを得ておくことが可能なのです。

消費者金融業者のカードローンの融資額が小口であるからといってカードローン申込時の在籍確認・電話連絡がないわけではありません。 唯一モビットのWeb完結と呼ばれるサービスがこの在籍確認・電話連絡を省略する手続きを実施しています。消費者金融業者貸金業法の規制を受ける業者ですから、年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはなりません。また、その業者単独で50万円以上の借り入れを希望している場合、もしくは他の業者と合わせて(これは銀行も信用金庫もいずれの金融機関も含まれます) 100万円以上の借り入れを希望している場合には、その利用者の収入証明を求めなければなりません。

更に、貸金業法によって運転免許証が交付されている。利用者はその運転免許証の番号を提出しなければならないことになっています。免許証番号はいちど交付されれば、その番号が変わることがないため、本人確認書類としては非常に強い効力を持つものであるため、貸金業法ではこの様な規定が設けられるに至りました。

消費者金融カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

いちばんの心配事であるカードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討しております。さてここでは消費者金融の発行するカードローン商品のケースについて見ていたいと思います。

消費者金融と言えばもっとも間口の広いカードローン商品の提供業者として知られていますが、間口が広いからといってカードローン申込時の在籍確認・電話連絡がなされないわけではありません。ただ、労働金庫や信用金庫などと違って、その営業地域内に居住在籍している必要などもないために、場合によっては過去のキャッシングの利用状況を照らしてみてカードローン申込中の在籍確認・電話連絡を省くという場合があるでしょう。ただしそれはその過去の利用が比較的最近である場合に限られます。長い時間を置いてしまうと、その利用者の就業状況や居住状況も変わってくるからです。

消費者金融業者のカードローン申込時の在籍確認・電話連絡で近年注目すべきは、大手のモビットが導入したWeb完結と呼ばれるシステムです。これは、社会保険証と給与明細書のページによって電話連絡による在籍確認のプロセスを省くという画期的な方式です。このWeb完結を利用するにあたっては、本人確認書類として運転免許証かパスポートのいずれかの書類でなければ申込を行うことができません。保険証だけでは申し込めないということですね。また、三井住友銀行が三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていることも条件となります。これらの銀行口座開設するにあたっても本人確認書類が必要となりますので、幾重にも本人確認の手順を踏ませているという風に見ることもできます。

モビットの革命的サービス Web完結

過去にクレジットカードやローンカードの利用経験があり、なおかつその利用時に何の問題もなく使用をしていた場合カードローン申込時の在籍確認・電話連絡の手続きは叩かれる可能性があります。とりわけその利用が直近に渡っている場合には、利用者の収入状況も変化していないだろうという見込みが経ちますから、ますます在籍確認が省ける可能性が高まります。しかし、初回申込時や過去のカードローンの利用から随分と時間が経っている場合にはカードローン申込時の在籍確認・電話連絡はまず間違い無く行われるでしょう。

ところが、そのようなカードローン審査のお約束に風穴をあける革命的サービスを導入したのが、モビットです。そのサービスの名前はWeb完結と呼ばれます。

このWeb完結では、基本的には、社会保険証と給与明細書の提出をもって本人確認の代わりとするものです。とても単純な発想なのですが、このような方法を導入するにあたっては、その社会保険証が一体どの企業の社会保険証なのかという点と、その給与明細書が本当にその傘が発行したものであるのかという点に関して不明確な部分もあるわけですから、実はモビットとしてはリスクをとっているわけです。しかし、そのリスクを取ってもなお貸付行うことができるのは、モビットが蓄積している。利用者のデータと、それに基づいたスコアリングシステム、さらには三井住友銀行がバックについているという資金状況があるためです。

しかし、同業他社もいずれはこのモビットのWeb完結サービスを参考にして、カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を省くシステムを導入するかもしれません。

-カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

Copyright© 個人向けローン他 お金の話 , 2018 All Rights Reserved.