カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

銀行・しんきん・ろうきん編

投稿日:

カードローン審査・大手銀行編

カードローンといっても様々な種類がありますが、ここでは、大手銀行のカードローンの審査について見ていきましょう。大手銀行と言って名前が浮かぶのが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行りそな銀行の名前ですね。このうち、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行は大手消費者金融業者である。アコム、プロミスをそれぞれ子会社として持っています。そして、自らの銀行カードローン商品においても、その保証会社をアコム、プロミスにそれぞれ委ねています。

保証会社というのは、すなわちその審査と債権回収を行う業者です。また、みずほ銀行のカードローン商品は大手信販会社であるオリコが保証会社を担当しています。大手銀行カードローンといっても、その審査は実は消費者金融業者や信販会社が担っているので、その審査の方式は、消費者金融業者や信販会社のそれとそれほど大きく変わるものではありません。つまり申込書フォームを見て、同時に信用情報機関に問い合わせて、その利用者のクレジット及びキャッシングの利用状況を確認するというわけですね。

大手銀行カードローン商品では消費者金融業者や審判会社が発行するカードローン商品よりも上限金利が、およそ4%ほど低くなっていますから、その低い金利に合わせて利益収入が見込める大口融資が可能な顧客をターゲットとしています。それを補うようにして、それら銀行の子会社である消費者金融業者が、比較的高利でなおかつ小口の融資を担っているという構図になります。

大手銀行カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

一番の心配事である。カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討していきましょう。ここでは、大手銀行のケースについて見ていきたいと思います。大手銀行カードローンでも例外なくというか、大手銀行カードローンだからこそカードローン申込時の籍確認・電話連絡は行われます。

ただし、商品説明を見る限りでは、カードローン申込時の在籍確認・電話連絡は必ずすると明記されておらず、する場合があると記されているに過ぎません。やはりすでにクレジットカードが発行されていて、そこでキャッシングを利用していたり、もしくは消費者金融業者でキャッシングを利用していたことがある場合、その履歴が紹介されるので、そこで返済の遅れなく、優良な顧客としてふるまっていればカードローン申込時の在籍確認・電話連絡は免除されるのでしょう。

特に三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のカードローン商品はそれぞれSMBCコンシューマーファイナンスとアコムか保証会社を担っており、過去にこれらの業者で利用をしたことがあり、なおかつ、特に問題なく利用をしていれば、電話連絡が免除されるからしれません。翼のこれはメガバンクが消費者金融業者を子会社として自らのカードローン商品の保証会社にあてがうのは、いうまでもなく、顧客の層を広げるためです。メガバンクとてこれまでは企業への融資に関心が集中しており、個人向け融資に関しては唯一手を出していませんでした。だからこそ消費者金融業者を取り込む戦略に打って出たんです。

カードローン審査・中小銀行編

カードローンといってもさまざまな種類がありますが、ここでは地方銀行など中小銀行のカードローンの審査について見ていきましょう。

地方銀行や新興のネット銀行などの中小銀行でも消費者金融業者や信販会社がその保証業務を担っています。例えば、茨城県に本拠地を置く常陽銀行ではアコムがカードローンの保証会社になっていますし、ネット銀行大手の楽天銀行では、信販会社のセディナがその保証業務を担っています。

地方銀行のカードローン商品では、その銀行に普通預金口座を持っていることが条件であるという場合が多いです。というよりも、 一部のメガバンクなどが口座開設不要というカードローン商品を発行しているだけであって、通常は銀行であれ、信用金庫であれ、その金融機関の口座持っているというのが利用条件として多数派です。ただし普通預金口座の開設はカードローン申込後でも可能であるというところが多いです。

また、地方銀行ではカードローン商品においては大口ではなく、小口融資が多数派であり、大口の融資に関してはカードローンではなく証書ローン形式のフリーローンで実施している場合が多いです。つまり、地方銀行やネット銀行のカードローンの審査というのは、このような普通預金口座を保有してさえいれば、消費者金融業者や信販会社と同様の審査プロセスを経るものと思われます。過去の利用状況や現在の利用状況は保証会社が加盟する信用情報機関、さらには保証会社の過去の利用履歴などとも照らし合わされて審査がなされることになるでしょう。

中小銀行カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

いちばんの心配事である。カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討していきます。ここでは、地方銀行やネット銀行等の中小銀行のケースについて見ていきたいと思います。中小銀行カードローンでも、当然のことながらカードローン申込時の在籍確認・電話連絡は行われます。

地方銀行でもネット銀行でも、そのカードローン商品の説明書きのところには必ず保証会社の保証を受けられるかどうかというところが申請条件として記載されています。カードローンを初めて利用する場合にはこの項目の意味がよく理解できないかもしれませんが、何度かカードローンを利用したことがある人にとってはピンとくる項目でしょう。要するに地方銀行でもネット銀行でもその保証会社に消費者金融業者や信販会社があてがわれており、過去にその様な業者で利用をしたことがあって、なおかつ少々問題など利用したことがある場合には、そのカードローン商品の申請にネガティブに響いてしまうということです。そして無駄に申込ブラックになってしまわないためにも、自分に都合の悪い保証会社が入るカードローン商品にはあえて申込をしないという選択肢が考えられるわけです。

そして中小銀行のカードローン申込時の在籍確認・電話連絡は、いうまでもなくこの保証会社が行うことになります。銀行の窓口のお兄さんお姉さんが電話連絡を行うわけではありません。したがって、その電話連絡の手法は、消費者金融などのカードローン商品と同じく個人名で電話をかけ、その人物が居るかどうかを電話に出た人の口から聞き出すという方法になります。

カードローン審査・しんきん編

カードローンといっても様々な種類がありますが、ここでは信用金庫が発行するカードローンの審査について見ていきましょう。

信用金庫のカードローン商品というのは銀行カードローン商品と比べておよそ1%から2%ほど金利が低く、設定されている場合が多いです。信用金庫の申込条件は、その信用金庫の店舗の営業地域に居住しているか、もしくは勤務しているかということが条件になります。また、練習の条件として150万円以上などといった条件がよく見られます。逆にいうとそれ以外には特に条件がないというカードローン商品が多数です。このことは意外に知られていません。

カードローンというと、消費者金融、信販会社、銀行の三つを思い起こしがちで、信用金庫はあまり選択肢の中に含まれませんが、私たちが思っている以上に信用金庫というのは、実は間口が広いのです。カードローン=銀行・消費者金融といった図式は捨てた方が良いでしょう。

信用金庫の保証会社は必ずしも消費者金融業者や信販会社というわけではなく、信用金庫館処するローン商品の保証を専門に行うしんきん保証基金という機関が担っている場合があります。大抵はこのしんきん保証基金が担うカードローンと民間保証会社が担うカードローン商品の2つがラインナップとして並んでいる場合が多いです。このしんきん保証基金も三大信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に加盟しています。また、ここでいう民間保証会社というのは、やはり信販会社や消費者金融業者のことを指します。

しんきんカードローン申込時の在籍確認・電話連絡

いちばんの心配事であるカードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討しています。ここでは信用金庫の加工するカードローン商品のケースについて見ていきたいと思います。

信用金庫のカードローンでも、当然のことながらカードローン申込時の在籍確認・電話連絡が行われます。信用金庫のカードローン商品もその保証会社は消費者金融業者もしくは、信販会社が担っているものが多いです。ただしそれに加えてしんきん保証基金という信用金庫のローン商品専門の保証会社が担う商品もあります。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡はこれらの保証会社が行うことになります。消費者金融業者や信販会社が行う電話連絡はそれらの会社が発行するカードローン商品の電話連絡と同様の手法でしょう。そしてしんきん保証基金が行う電話連絡も基本的にはそれらに類するものです。

ただし、信用金庫の場合も銀行カードローンと同じく100%カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を行うわけではなく、連絡をする場合があるとだけ商品説明には記載されています。ですから、すでにカードローンの利用履歴が他者である場合には、その電話連絡が免除される可能性も往々にしてあります。とりわけ、利用状況に何の問題もなく、直近に利用していることが確かめられる場合です。期間が開いてしまうと、その利用者の就業状況なども変化している可能性があるため、再度在籍確認・電話連絡を行う可能性が高まるでしょう。

カードローン審査・ろうきん編

カードローンといってもさまざまの種類がありますが、ここでは労働金庫が発行するカードローンの審査について見ていきましょう。

労働金庫のカードローン商品というのは、軒並み10%以下という低金利で貸し出しを行っています。しかもそれは大口ではなく、 50万円以下の小口に対しても、その金利が付くわけです。非常にお得なカードローン商品ですよね。小口でさえ金利が低いと聞くと、なかなか敷居の高いカードローン商品だと思ってしまいがちです。

確かに労働金庫が発行するカードローン商品のメイン商品は、その労働金庫に出資を行う公務員組合や労働組合に加入している必要がありますが、実はその夜、組合に加入していなくても申し込める労働金庫のカードローン商品というのはたくさんあります。通常はそのような組合員向けカードローン商品と非組合員向けのカードローン商品とが併設して同じ労働金庫の中にラインナップとして並んでいます。

そして組合員向けの労働金庫カードローンは、その保証会社として日本労働者信用基金協会という労働金庫のローン商品専門の保証会社が担っています。それに対して非組合員向けのカードローン商品は、消費者金融業者や信販会社などの民間保証会社が担うという場合が多いです。その民間保証会社が保証をするカードローン商品であっても金利は10%を切る定理のものが数多く存在します。日本労働者信用基金協会も民間保証会社と同じく信用情報機関に登録をしており、そこから利用者の過去および現在のクレジット・キャッシングの利用状況を紹介します。

ろうきんカードローン申込時の在籍確認・電話連絡

いちばんの心配事であるカードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討しています。さてここでは労働金庫の発行するカードローン商品のケースについて見ていきたいと思います。労働金庫に関しては、とりわけ労働金庫に出資を行っている公務員組合や労働組合、生活協同組合に加入していることを条件とするタイプのカードローン商品にあっては、その在籍確認・電話連絡は確実に行われることになるでしょう。

その会社や組織に在籍していることが何よりの条件なのですから、当然のことです。さらには非組合員向けのカードローン商品であっても、その利用条件の中にその労働金庫が営業している地域内に居住もしくは勤務していることが含まれているために、過去や現在の他社でのカードローンの利用状況に照らして在籍確認を免除するというわけにはいかないでしょう。あくまで申請時において、その営業地域内に居住もしくは勤務してることが条件となるからです。それを労働金庫側は確かめなければなりません。

労働金庫の保証会社は、基本的には日本労働者信用保証基金がになっていますが、商品のラインナップによっては民間保証会社が担う場合もあります。しかし、民間保証会社であったとしても、今述べたような理由によって、かなり高い確率でカードローン申込時の在籍確認・電話連絡が行われるでしょう。また、全般的に労働金庫の運営形態からして(労働金庫は原則非営利です)、そのカードローン審査の基準はやや把握しづらいと考えられます。

-カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

Copyright© 個人向けローン他 お金の話 , 2018 All Rights Reserved.