カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

手強い?カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

投稿日:

在籍確認・電話連絡で二の足を踏まないために

カードローンの申込を行う際の注意書きのところには、即日融資のサービスを行うカードローン商品であったとしても、たいてい「申込の時間帯によってはご融資が翌日以降になることがあります」などと記載されています。

これはどういうことかというと、 1つにはATMの稼働時間が過ぎるとさすがに即日融資がむずかしくなるという意味がありますが、もう一つにはカードローン申込時の在籍確認・電話連絡をする際に勤務先が営業を停止していればその在籍確認を行うことができないので、最終審査が翌日以降にずれ込んでしまうという意味があります。

つまりカードローン申込時の在籍確認・電話連絡はカードローンで借り入れを行うまでの時間の長さを左右する、最大のネックのうちの1つなんです。ですからカードローンの申込を思い立ったならば、出来る限り午前中に持ち込みをしましょう。だいたい注意書のところには、○時までに申込いただければ、即日融資も可能です、といったようなことが書かれています。その時間を過ぎてしまうと、即日融資も翌日にずれ込んでしまうわけですね。

また即日融資でなくてもカードの発行を早めるためには、できる限り午前中が望ましいでしょう。もしくはこうもいえます。カードローンの申込を思い立ったのが金曜日のアフターファイブであったときは会社に残業組が残っていない限り申込行っても無駄な抵抗です。アフターファイブをゆっくりと楽しむことに全力を注ぎましょう。

夕方以降はキケンだぜ!

大手のカードローン商品では、申込の契約をオンライン上で済ませることにより、カードが家に届く前に融資を先だって口座に振り込むというサービスを実施している所が多いです。あるいは、全国にATM網がある、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、新生銀行またSMBCコンシューマーファイナンス、アコム、アイフル、モビットといった最大手のカードローン商品であれば、カードの発行も即日行うことが可能です。

しかし、その即日発行の行く手を阻むのがカードローン申込時の在籍確認・電話連絡なんです。午前中からお昼過ぎにかけて申込を行えば即日融資の夢もかなり叶いやすくなりますが、夕方あたりにズレこんでしまうとタイミング如何によってはカードローン申込時の在籍確認・電話連絡がうまくいかないので、結局融資も翌日以降にずれ込んでしまうという羽目になります。

在籍確認の電話連絡が行われない場合には、業者のほうも代替案を示すことすらできません。代替案というのは、利用者に特別な質問をしたり、もしくは源泉徴収票の提出を求めたりする方法ですね。在籍確認の第一の方法が電話連絡であるわけですから、その第一の方法を行わない限り、このような代替案に選択肢が移るという事は無いわけです。過去にキャッシングの利用履歴があって、特に問題がない場合には、在籍確認も叩かれる可能性がありますが、とりわけ初回申込時にはやはり夕方以降の申込であると即日融資の可能性が低くなってしまいます。

ローンカードと言わなきゃ良い

職場の人々にカードローンの利用が知られてしまう可能性があるため、都合が悪いと思う人も多いカードローン申込時の在籍確認・電話連絡ですが、よくよく考えてみれば「ローンカード」ということさえ知られなければ何も問題は無いわけです。

そのような発想に基づいて導き出される最善の「場のしのぎ方」は「クレジットカードの在籍確認です」というエクスキューズを使うやり方です。クレジットカードの総発行枚数をご存知でしょうか。現在(2013年時点)では国内での総発行枚数はおよそ3億枚です。この中には有効期限切れのカードや退会済のカードはもちろん含まれていません。つまり国内で利用可能なクレジットカードが3億枚もあるということなのです。そして、この3億枚のカード全てに対してその審査時に在籍確認・電話連絡があったわけではないでしょうが、少なくとも数千万枚に関しては、在籍確認・電話連絡があったはずです。

そもそもクレジットカードは買い物に利用するのがメインですから、それを持つことに対していまどき何のやましさもありませんが、 数としても、これだけの人数が持っているものですから、 「クレジットカードの在籍確認で電話がかかってくる」ということに対して何の違和感もないわけです。それどころか、ある年齢以後の人であれば誰しもが経験している事ですからとがめられるようなこともないでしょう。もしそれを咎める人がいるとすれば、全国に3億枚。カードの利用者を同時に咎めている事にもなります。多勢に無勢。「クレジットカード」を口実に使う方法は、無敵です。

「クレジットカード」以外の口実は使えるのか??

カードローン申込の在籍確認・電話連絡を行われるのが都合が悪いという場合があるでしょう。このような場合のその場のしのぎ方について、ここでは「クレジットカードの在籍確認です」というエクスキューズ以外の逃れ方のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

まずカードローン申込時の在籍確認・電話連絡は個人名でかかってきますから、その個人であるのをいいことに「友達からです」と電話を取った人に対していうという方法があります。わかっています。この方法はとても不自然です。

業者の側は「個人名で友達のふりをして電話をかけますから」という風に提案をしてくることがありますが、 「友達のふりをして」ってすごくありえないシチュエーションだよなぁと心の中でツッコミを入れてしまうことがままあります。これだけ携帯電話やメール、さらにSNSツールが発達している中で、なぜ仲の良い友達が自分の会社に電話連絡を入れることがあるのでしょうか。よっぽどの緊急事態以外考えられません。

これは友達だけではなく、家族や親戚など「親類」をダシに使った場合にもあてはまることです。いちばん現実味があるのは親からの緊急連絡という体ですが、これにしてもけっきょくは緊急連絡という口実を使わなければ、なかなか、成立しません。しかし、自分の親や身近な知り合い以外に自分とその勤務先等結びつける情報を知っている者というのはほとんどいないわけです。何らかの情報サイトに登録をするときに自分の勤務先を書く場合がないわけではありませんが、その情報サイトというのは、往々にして、転職サイトである場合がほとんどでしょう。まさか転職サイトから電話がかかってきたなどということは言えませんよね。結論としては「あきらめるしかありません」。

あまり深く考えないようにね!

とにかく時間が取られる!審査が前に進まない!ということで忌み嫌われるのがカードローン申込時の在籍確認・電話連絡です。このカードローン申込時の在籍確認・電話連絡は2つの点で忌み嫌われます。

1つには、会社がなかなか個人情報を晒してくれないという、もう1つは会社が曝してくれたとしても、会社の人間にカードローンを利用していることをあまり知られたくは無いという点です。会社が個人情報晒してくれない場合には、業者が融通を効かせた在籍確認(会社に在籍しているものしか知らないような情報をその利用者に聞き出すといった方法や、その会社の給与明細書や源泉徴収票を追加書類として提出してもらうという方法)を提案してくれない限りは、その会社の電話受付の人にカードの在籍確認がある旨を事前に伝えなければなりません。そうすると、どのみち会社の人に自分が何らかのカードの申請をしているということが知られてしまうことになります。

そう考えるとますます気分が重たくなってしまいますが、よく考えましょう。世の中にはカードローンやキャッシングを利用している人が山ほどいます。金融庁が発表している。統計データを見てみますと、消費者金融業者の貸付件数の総数は700万件以上。これにクレジットカードのキャッシングと、信販会社の貸付を合わせますと、 3,000万件以上の数に上ります。これは個人向け融資に限定した話です。三田間にも利用しているのだから、抵抗感を持つ必要ないという意味ではありませんが、こと在籍確認・電話連絡に関しては、取り立てて抵抗感を持つ必要はないでしょう。

-カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

Copyright© 個人向けローン他 お金の話 , 2018 All Rights Reserved.